ビーンズのビジョン。

 

 

私たちは、人々の笑顔の為に、その手段として広告デザインを売っているにすぎません。

 

そして

 

 働くこと=「我慢すること」ではありません。

働くことは全て「娯楽」であります。

まだ難しいですか?

 

 


60のココロ。(社員憲章)

1 広告人の前に社会人

2 「社会」という響きの中で、仕事をしよう。

3 広告は、「幸せを売る作業」だと思う。 

4 広告はコミュニケーション業。

5 広告は、人間を観察する人間学だ。

6 「売れた、売れない」だけでは広告人半人前。

7 生活者は、一度裏切ると、二度と戻らない。

8 広告は資産であり、消耗品ではない。

9 アイデアよりも実行力。

10 最高の広告人は、最も謙虚な人。

11 人間中心に発想する。

12 企業と生活者の、ど真ん中で。

13 代理業ではない、パートナーになる。

14 一番先に相談される会社。一番に選ばれる会社になる。

15 「粒ぞろい」より「粒ちがい」な集団。

16 教育よりも「発育」

17 「発想」という仕事。

18 個人商店の集合体。

19 ソフトのパワーで競争。

20「生活者目線での発想」

21 世の中の価値観をマーケティングで変える。

22 ボーダレスにモノを考える。

23 オーダーメイドの会社。

24 部分のサービスから、全体のサービスへ。

25 全体の仕組みから、消費者の「好き」が生まれる。

26 企業ではなく、「世の中」に合わせた提案をする。

27 「創り、動かし、変える」これで初めて成果。

28 社内でどう通じるかではなく、社外でどう通じるか。

29 知恵の生産会社。

30 伝統は革新の連続。

31 生き方以上の発想は生まれない。

32 目標のある幸せ。目標のない不幸せ。

33 難しいことは「やさしく」やさしいことは「深く」

34 「いないと困る」存在へ。

35 「物知り」になると新しい組み合わせを創りたくなる。

36 好奇心が最大のエネルギー。

37 気つかなかったことを気つかせてあげよう。

38 オール5を目指そう。

39 五感を磨こう。

40 創造力より想像力。

41 5年使える提案を。

42 近道は知らなくて良い。

43 創造は「情報の組み合わせ」

44 ビジネスのアート化で差異化する。

45 全体のストーリーを描けるか。それをチカラという。

46 「モノ」より「意味」を売る。

47「どう言うか」より「何を言うか」が先。

48 全体を「最適」にする。

49 1つの案件ごとに、新しい会社に入社した気分です。

50 創造は破壊でもある。

51 プロは切り捨てる。

52 「流行る」のは「すたる」トレンドは腐るもの。

53 期待を超えたところに感動はある。

59 日常がすべて。毎日が研修。

60 仕事が遊び、遊びが仕事。仕事と恋愛は同じ。